多岐にわたる施術方法

医師と女性

ほくろの切除を行うなら、美容目的でも施術が受けられる美容クリニックがオススメです。施術方法は、凍結療法や電気分解法を始め、切開法やレーザー治療など多岐に渡ります。どれが最適かはほくろの形状などによります。

詳しく見る

医師の診察を受けよう

男性医師

顔や体に目立つほくろがあるとコンプレックスを感じている人が多いため、美容皮膚科や皮膚科のクリニックでは、レーザー治療や電気メスによる切除、切除縫合などの治療が受けられます。小さめの形状の場合は費用を抑えた治療が可能です。

詳しく見る

安い費用で治療が可能

カウンセリング

ほくろの大きさや数、場所によってはコンプレックスを持っている人も多いはずです。施術方法の中でも、レーザー治療は短時間で安く受けられるので人気があります。医師の判断によっては健康保険が適応される場合もあり、ほくろで悩む人に嬉しい制度です。

詳しく見る

隆起したのは手術で除去

ほくろ

ほくろの除去は以前に比べて簡単に取れるようになり、治療の選択肢も増えています。たまに隆起してくるものもあり、放っておいて悪いものではないですが、邪魔なときや美容的に気になるときは手術で取り除くといいでしょう。

詳しく見る

レーザーの種類で選ぶ方法

女性

手術の可能性も考えて

コンプレックスに感じるほくろを取る人は、増加傾向にあると言われています。美容目的で除去するときは保険が利かないので、自由診療を行う美容皮膚科や美容外科などを受診するのが一般的です。美容と言うよりも、生活している中でことあるごとに邪魔だと感じるようなものは保険が適用されることもあります。例えば、頻繁に出血する場合などです。そういう場合は保険診療を行う皮膚科などに相談してみるのも一つの方法です。美容皮膚科等の美容クリニックでの治療方法は、レーザー治療が主体です。ほくろと呼ばれる母斑細胞は他の皮膚より水分を多く含有していることから、水分に対してレーザーを発する炭酸ガスレーザーやエルビウムヤグレーザーが採用されています。前者はパワフルなレーザーのため、局所麻酔や麻酔テープなどを使って処置の痛みを和らげますが、後者は麻酔無しで処置が可能です。どちらも傷跡が残りにくいことで知られていますが、エルビウムヤグレーザーのほうがよりきれいに治療できると医療関係者の間で評判です。ただ最新機種なので、取り扱っている美容クリニックは限られます。できる限り傷跡を残したくないという人は、取り扱うレーザーを確認の上、美容クリニックを選ぶといいのではないでしょうか。美容皮膚科や美容外科は、電話などで予約を入れてから受診してください。自費診療なので基本的に保険証は必要ないですが、予約時に本人が確認できるものを持ってきてくださいと言われることが多いです。保険診療の場合は問診後すぐに治療に入るか、治療日を予約して別の日に再診しますが、自費診療では丁寧なカウンセリングに留意しているクリニックがほとんどです。カウンセリングで悩みや希望を聞いた医師はそれに適した治療方法を提示してくれ、治療を受けるかどうか確認されます。もしレーザー治療を希望していても、大きなほくろの場合1回で取りきれるとは限らず、手術が良案だと言われる可能性があります。手術となる可能性が高いのは5mm以上のほくろです。予めサイズを測っておけば、手術になるか否かが分かるでしょう。手術といっても短時間で終わるものなので、大抵受診したその日に行うことが可能です。心の準備が必要だという場合などは日を改めても構いませんし、治療をキャンセルしても問題ありません。自費診療は患者が治療方法に納得した上で行われる医療です。納得したら同意書や申込書にサインをして治療を受けます。麻酔が必要な治療の場合30分くらいは麻酔が利くまで待つ必要があるため、受診する日は時間にゆとりを作っておくと安心です。

Copyright© 2018 美容クリニックで受けるほくろ除去治療【レーザー治療が主体】 All Rights Reserved.