多岐にわたる施術方法

医師と女性

美容医療がオススメな訳

ほくろとは、正式には色素性母斑と呼ばれます。先天性のものと、日常生活で浴びた紫外線などが元で発生する後天的なものの2通りあります。大きく分ければ2通りですが、人によって様々なタイプのほくろが存在します。色が濃いもの薄いもの、膨らみがあるもの、平坦なもの。特に顔にあるほくろは他人の視線が向きやすくコンプレックスを感じやすいものになってしまうので、除去してしまいたいと考える人も少なくありませんが、ほくろにも様々な種類があるように、施術内容もいくつかあります。昔ながらのやり方として知られているのが凍結療法です。液体窒素でほくろを焼いてしまうのが目的です。これは一般的に健康保険適用になる場合が多く、費用が抑えられるメリットがあります。また、焼くと言えば電気メスで焼く電気分解法もあります。液体窒素は基本的に複数回施術を受ける必要がありますが電気分解はメスを使うので1回で完了するのが利点です。また、電気メスで焼くのではなく、大きく膨らんでいるものはメスで切除する方法もあります。もちろん切除した後は縫合します。この切開法が一番大掛かりになりますが、根深いものも必ず除去できる確実性が売りです。更に他にも、専用の器具を使ったくり抜き法やレーザー治療もあります。ほくろの切除治療を受ける場合、まず始めに脳裏に浮かぶのが皮膚科です。通常の皮膚科でも治療は可能ですが、治療が必要か否かまずは医師が判断します。病的所見がない場合など、切除しないで経過観察となるケースも少なくありません。その点美容クリニックが良いのは、病気ではない美容目的であっても治療が受けられるという点です。健康保険適用外のため全額自費になりますが、断られることなく必ず治療が受けられます。また、美容クリニックはその名の通り美容に特化した医療を提供するクリニックです。例えば、顔にある1センチ近くの大きなほくろを切除するとして、メスで切除すると元々ほくろがあった場所はクレーターのように凹んで美しくありません。大きな傷跡や瘢痕が残ってしまっては施術を受けた意味がないのです。通常の皮膚科であればどちらかというととった黒子の方が大切で、悪性黒色腫でないか培養検査に出したりするものです。一方の美容クリニックの場合は黒子を取った後の皮膚が凸凹ない滑らかな状態になるようアフターケアを施したり、再発防止に努めたりするのです。治療パターンが多いのも美容クリニックである事が多いです。つまり、最近の機器などを取り揃えて、どのようなタイプの黒子であっても美しく確実に切除してくれる為、最近の主流はもっぱら美容クリニックです。

Copyright© 2018 美容クリニックで受けるほくろ除去治療【レーザー治療が主体】 All Rights Reserved.